あなたの気持ち教えてほしい

パーソナリティ障害のような疾患~シッカリ改善パーソナリティ問題~

コンテンツ

改善が必要な個性の病とは

頭を抱える

人の性格は多種多様なものが存在しています。中には必要以上に完璧を求めている人も少なくないです。考え方は人によって違っていますが脅迫性パーソナリティ障害の場合は日常生活に問題が発生するほど完璧を求めてしまう特徴があります。

詳細

反社会性の問題とは

相談

性格や個性は人それぞれが持っている魅力的なものですが、時にはその個性や性格が病となっている場合もあるのです。反社会性パーソナリティ障害は周りの人を巻き込んでしまう厄介な病なのです。

詳細

様々な個性と性格の問題

落ち込む女性

人にはそれぞれ違った性格があります。その性格を形成する要因は様々なものがありますが、性格を決定し作りあげていく要因は個人が置かれている環境によってのものが大きな影響を及ぼすでしょう。また生まれついた気質といった後天的な性格もあります。それぞれの違った性格を基本的には個性として受け止め、多くの人が自身の欠点や長所と向き合いながら社会生活を送っているのです。職場や学校などのあらゆる社会生活の中で人間関係は発生します。そういった社会の場面で人はそれぞれの個性の長所を発揮したり、また時には欠点を補いながら生きていかなければならないのです。
しかし、こういった性格には極端に偏った感情の変化や、周囲とは明らかに異なる行動をとる個性という括りでは測れないものも存在するのです。病的なまでに性格や行動が通常とは異なっている場合はパーソナティ障害である可能性があります。パーソナリティ障害には非常に多くの種類があり、特徴的な思考や言動からA群、B群、C群と多様に分けられているのです。
A群は一般的に通常とは異なった思考や、生活内容であるために人との関わり合い上手くつくり上げていくことができない疾患である、統合失調症的な要因が認められるパーソナリティ障害のことを言います。A群に分類される疾患としては妄想生パーソナリティ障害、統合失調質パーソナリティ障害、統合失調型パーソナリティ障害があり、主にこの三種類に分けられています。統合失調型のものと統合失調質のパーソナリティ障害はとてもよく似通った名前ですが、それぞれにははっきりとした症状の違いがあります。分かりやすい症例をでは、自分が食べる予定であった好物のフードメニューが突然メニューから外されてしまい注文が出来なくなった場合では、統合失調質パーソナリティ障害は頭の思考の中でそのメニューを満腹になるまで食べることを妄想し、受けたストレスを軽減しようとします。統合失調型パーソナリティ障害の場合になると、好物のメニューが廃止されてしまったのは日頃から気に入らない人間が特殊な力によって、自分にとって不都合である状況を作り上げているのだといった、非現実的な思考をします。それぞれにはっきりと違いがあるのです。
パーソナリティ障害である人は一般的に感情のコントロールが苦手であり、急に激しい怒りが湧いてきたり、自分を傷つける行動をとったりします。そのため上手く人間関係を形成することができない場合が多く、時には孤立してしまう事もあります。そのためパーソナリティ障害は周囲の理解が非常に大切な精神疾患であるのです。パーソナリティ障害である人にとって身近な存在である人が、しっかりとパーソナリティ障害のことを理解して、改善に向けての手立てを行っていかなければ改善していく事は難しいでしょう。

人気記事

境界性の治療を行う

驚く

性格や個性は、人格を形成している大切なものです。中には人格の形成に問題を抱えている人も存在しており、日常生活に支障をきたしている人も少なくはないでしょう。境界性パーソナリティ障害は治療をすることで改善することができます。

詳細