あなたの気持ち教えてほしい

パーソナリティ障害のような疾患~シッカリ改善パーソナリティ問題~

境界性の治療を行う

驚く

人の性格や個性は、人格を形成する上で重要なものであり、自身の感情を司るとても大切なものです。しかし、中には人格の形成に問題を抱えている人も少なくはないでしょう。人は基本的には感情のコントロールをそう簡単にできるものではありませんが、感情的に内心不安定な状態だったとしても多くの場合は一過性のものであり、時間が立てば落ち着いている場合がほとんどです。
しかし、中には自分自身の感情の変化を内心で消化することが出来ず必要以上にストレスを感じ、激しい怒りを感じたり、その気分を感情のままに現してしまう人も存在しています。感情のコントロールをすることができない場合や、日常生活に大きな悪影響を持たらすほど気分が不安定な状態である場合は、境界性パーソナリティ障害を疑っても良いでしょう。
境界性パーソナリティ障害は日本の人口の中の約2パーセントが患っている精神疾患であり、若い世代の女性に多い病です。境界性パーソナリティ障害の境界とは、統合失調症や神経症などの心の病の丁度境界にある症状であることから付けられたものです。

基本的に境界性パーソナリティ障害は慢性的な強いイライラ感が特徴的な症状です。強いイライラ感は神経症の特徴でもあり、現実意識の低下といった特徴は統合失調症的な症状でもあります。現実意識が低下している状況が認められても、あまり長期間に渡って持続せず、短期間である場合に境界性パーソナリティ障害とすることが一般的です。
境界性パーソナリティ障害を発症してしまう直接的な原因は、現在でもはっきりとしていない部分が多くあります。基本的には遺伝的な要因や、個人が置かれている環境に影響されている部分が強いとされています。
境界性パーソナリティ障害は上手く感情のコントロールを行うことができないので、感情的な起伏が非常に極端になってしまうことが少なくありません。気分が少しの出来事で簡単に変わってしまったり、些細な出来事で激しい感情を露わにしてしまう事も少なくないでしょう。また日頃から空虚感を感じていて、一人になることが苦手であるといった特徴や、衝動的に買い物をしたり飲食を行ったり、自分以外の他者を非常に極端に評価したりといった現実意識がとても低下しているといったような多くの特徴的な問題があります。自傷行為を行ってしまう場合もあるので非常に危険でもあります。境界性パーソナリティ障害は上記のような症状から人間関係に歪が起きやすく、家庭生活や仕事の面でも深刻な問題が発生してしまうことも少なくないのです。出来るだけ早い段階で精神科での診療を受ける必要があるでしょう。
境界性パーソナリティ障害は決して珍しい病ではありません。人口の約2パーセントとなっていますが、誰にでも境界性パーソナリティ障害になる要因は存在しているのです。心が不安定なままで日常生活を過ごしていると、突然発症してしまうことも少なくはないのです。境界性パーソナリティ障害となった場合には、治療として薬物療法や医師とのカウンセリングを中心に行っていきます。薬物療法で使用する薬は、抑うつ作用や感情の激しい変化からくる衝動的な行動を抑制する効果があります。カウンセリングで行っていく治療にも様々な手法があり、弁証的行動療法や認知行動療法といった患者の精神状態や心理的な状態が安定する効果のある治療を行っていくのです。
近年は境界性パーソナリティ障害に対しても大きな理解を得られやすい環境でもあります。また治療法に関しても大きく進歩してきているため専門家のもとでしっかりとした治療を行っていけば症状を改善していくことは十分に可能なのです。専門家への早期の相談が大切なのです。