あなたの気持ち教えてほしい

パーソナリティ障害のような疾患~シッカリ改善パーソナリティ問題~

改善が必要な個性の病とは

頭を抱える

人の性格と言うものは非常に多種多様なものであり、一概にひと括りに出来るものではありませんが世の中には完璧主義であるといった特徴的な性格だとしている人も少なくはないでしょう。完璧を求めている部分も人それぞれであり、考え方は人によって違っているのです。例を挙げればきりがありませんが、ある人は見た目の外見に非常に拘っていたりして、来ているスーツや、履いている靴、さらには自身の身体までも鍛えあげてしまうでしょう。または仕事に関して強い拘りをもっており、自分が行うべき仕事は何が合っても完璧に細部に至るまで手を抜かないといった人もいます。
こういった完璧を求めている傾向は人のそれぞれが持っている性格に関わっている部分が大きく、関係のない人が指図を出来るものではありません。しかし、時にはこの拘りが非常に強く現れてしまう人もおり、日常生活に問題が現れてしまっている人もいるのです。このような問題が発生してしまっている場合は脅迫性パーソナリティ障害である可能性は高いです。

脅迫性パーソナリティ障害の特徴はあまりにも強い拘りのある完璧主義的な傾向です。脅迫性パーソナリティ障害を患っている人は考え方や、行動がパターン化している場合が多く自分が気分よく作業を行える流れに縛られてしまうといった特徴があります。自分が思い描いているパターンとは異なった問題が起こった場合など、状況が大きく変化してしまうような事態に陥ってしまった場合に臨機応変に対応することが出来ないといった特徴もあります。脅迫性パーソナリティ障害は人間関係においても、自分の中で確立している規則を他人にも強要してしまいがちであり、あまり協調性のない行動を取ってしまう傾向にあります。そのため対人関係に問題を抱えていたり、あらゆる日常生活の中で多くのトラブルが生じてしまいやすいのです。本人にとってもそういった状況は精神的に辛いものであるため、強迫性パーソナリティ障害からうつ病を併発してしまう場合も少なくはないのです。
強迫性パーソナリティ障害は男性に多く、日本では約1パーセントの人が患っています。脅迫性パーソナリティ障害になってしまう要因としては幼少期の生活環境の影響が大きく関わっているとされています。幼少期に過ごした環境が非常に厳しいものであり、少しの失敗も許されることのない厳格な状態に長くいた経験がある人が脅迫性パーソナリティ障害を引き起こしてしまうことが多いでしょう。しかし、脅迫性パーソナリティ障害を発症する確固たる原因は不明とされています。

脅迫性パーソナリティ障害の症状としては、自分の拘りに執着しているあまり、物事の本質を見失ってしまっている状況であるといったことや、プライベートで過ごす時間を作ることができずに自分が最優先としている目的にのみ時間を費やしてしまっていたり、自分が行っている作業を他人に任せることを非常に嫌がったりします。また将来への不安が非常に大きなものとして頭に常に周っており、起きてもいない問題を考え過ぎるあまり余計な支出を全くすることがなく非常に質素な生活を送っている場合があるでしょう。周囲の人間の声に耳を傾けることがないほど、物事に対しての固定観念も強いため要求に一切答えてくれない事も少なくないといった問題もあります。